夢のウェディングドレス!背中ニキビをアッと言う間に無くす

綺麗なウエディングドレス・・・着たいけど背中のニキビが気になる。綺麗な背中を手にする方法とは

背中のあせもやニキビがひどい時にやってはいけない事とは?

2017年02月04日 11時58分

senakanikibi.jpg


 
今すぐ背中ニキビに効果のあるジュエルレインの詳細をみる





あせもは赤ちゃんが悩まされるものと、思っていませんか?


大人でも、あせもはできます。


注意したいのが、背中。


背中は、体の中で、最も汗をかくパーツです。


日本人のあせもで多いのは、紅色汗疹。


赤みのあるブツブツが広がり、かゆみが伴います。


背中は、一日中、衣類に覆われています。


時には、湿度が80%以上になることも。


高温多湿の環境で、黄色ブドウ球菌が繁殖します。


黄色ブドウ球菌の繁殖に対する免疫反応として、
皮膚が炎症を起こしているのが、あせもです。

 

あせもやニキビがひどい時にやってはいけない3つのこと

nikibi_188.jpg


あせもやニキビがひどい時に、
症状を悪化させてしまうのが、次の行動です。
 

1.背中のあせもやニキビをかいてしまう

絶対にしてはいけない行動のトップが、コレ。


かゆみに耐えられず、ついつい手が行くという人は、
少なくありません。


しかし、爪で皮膚に傷がつくと、傷口から黄色ブドウ球菌が侵入し、
「あせものより」と呼ばれるおできが出来てしまいます。


炎症が長引きます。


あせもがひどい時は、爪は短めに切り、
万一、手が行っても、皮膚を傷つけないようにしましょう。

 

2.柔軟剤を使って洗濯する


あせもやニキビがひどい背中は、刺激に過敏になっています。


化学繊維の下着をやめて、
綿や麻の素材のものを身につけるようにする人は、
少なくありませんが、洗剤にも注意が必要です。


界面活性剤や合成洗剤などの成分は、
肌にダメージを与えます。


クエン酸や重曹などを利用した、
洗剤や柔軟剤を使うようにしましょう。

 

3.背中のあせもやニキビにベビーパウダーをつける

 
あせもにはベビーパウダーという人が多いものの、
それは、予防の段階。


出来てしまったあせもには、ベビーパウダーは、逆効果です。


パウダーが汗口を塞いでしまいます。


症状が悪化するので、汗をかいたら、
その都度、こまめに拭き取るようにしましょう。
 

あせも対策でも大切なのが保湿!保湿と抗炎症作用があるクリームがオススメ

nikibi_10.jpg


炎症がひどくなり、ステロイドが必要になった場合を除き、
あせも対策でも、ニキビ対策でも、基本となるのが、保湿です。


背中ケアの王道は、分厚い背中の皮膚に、
保湿成分をしっかりと浸透させること。


背中の皮膚は、顔の皮膚の7倍の厚みがあります。


その分厚い皮膚に保湿成分を浸透させるには、
ピーリングが有効です。


ただし、あせもやニキビが出来て、過敏になっている皮膚に、
通常のピーリングを行うと、刺激が強すぎて、
皮膚の状態を悪化させかねません。


天然成分のものでピーリングしましょう。


また、あせもやニキビがひどい時には、
背中に塗る保湿クリームには、炎症にアプローチする
グリチルリチン酸ジカリウムが配合してあるのが、
好ましいと言えます。
 

保湿力が高く抗炎症成分が配合されているクリームはコチラ

jewel.jpg


グリチルリチン酸ジカリウムが配合され、
保湿力が高いクリームとして、人気があるのが、
「ジュエルレイン」です。


「ジュエルレイン」には、低分子オリゴヒアルロン酸と
高分子ヒアルロン酸が配合されています。


肌の内側と外側から、しっかり保湿してくれるのが、
「ジュエルレイン」です。


あせもやニキビで汚い背中が、「ジュエルレイン」でケアすると、
1ヶ月で変化が感じられるようになり、
3ヶ月ですべすべになったと、口コミで好評です。


背中ニキビに悩まされていたのが、
「ジュエルレイン」で綺麗なウエディングドレス姿を披露できた話は、
別のところでご紹介しています。そちらも参考にしてください。


 
  →今すぐジュエルレインの詳細を見る